おまとめローン

消費者金融と銀行カードローンのおまとめに違いはありますか?

カードローンのまとめろ検討するにあたり、「消費者金融と銀行カードローンの違い」が気になるかもしれません。

 

毎月の返済額を少なくできるのはもちろん、できるだけ有利にローンのおまとめをしたいと考えると思います。

 

ここでは、消費者金融と銀行カードローンの違いについて検討してみたいと思います。

 

 

融資限度額の違い

 

消費者金融のおまとめローンの場合は、一般に融資限度額が500万円程度に設定されています。

 

500万円を超えるローンのおまとめの事例は少ないかもしれませんが、高額なローンをまとめる場合は、

 

 ・オリックス銀行カードローン
 ・みずほ銀行カードローン

 

などからの融資を検討してみてください。

 

最高800万円〜1000万円までの融資が可能ですし、200万円以下なら収入証明なしで申し込めます。

 

 

金利の違いについて

 

一般的な「カードローン」と「おまとめローン」を比較した場合、おまとめローンの方が金利が低く設定されています。

 

これは、融資を受けたお金の使途(使い道)が、他社のローンの返済に限定されるかどうか、という違いから生じています。

 

もうこれ以上は融資を受けることがなく、現在のローン返済のためだけで良いという場合は「おまとめローン」、他の用途にもローンを利用したい方は「カードローン」を選ぶようにしてください。

 

 

100万円までのおまとめならみずほ銀行カードローンか新生銀行レイク

 

100万円以下の小額のカードローンのおまとめなら、みずほ銀行カードローンか新生銀行レイクを選んでみてはいかがでしょうか。

 

どちらも「100万円までなら収入証明なし」で利用することができますし、自動契約機が用意されているので、即日融資も不可能ではありません。

 

新生銀行レイクは「21:50まで」の時間帯で審査結果の回答を連絡しています。

 

審査に40分〜50分かかりますので、20時〜20時30分までを目標に申込手続を完了させてください。

おまとめローン徹底比較表はこちら!

 

  • 主婦だけど2社以上の借入を「おまとめ」したい方
  • おまとめローンの賢い選び方を知りたい方
  • 今日中にでも「おまとめ」をしたい方

 

即日で「おまとめ」ならココをクリック!