おまとめローン

おまとめローンは1/3以上でも大丈夫ですか?

カードローンを利用するにあたって、「年収の3分の1まで」という基準がネックになることが多くなります。

 

「年収の3分の1まで」という基準は、貸金業法の「総量規制」という仕組みによるものです。

 

ここでは、総量規制が影響するローンと総量規制とおまとめローンの関係について説明したいと思います。

 

 

総量規制の基本

 

総量規制は、ローンの利用者が多重債務者とならないための法規制です。

 

消費者金融や信販会社などが融資をする際は、利用者の年収を確認し、年収の3分の1を超える融資となってはいけない、というルールのことです。

 

しかし、この規制は消費者金融などのキャッシングについてだけを規制するもので、銀行のカードローンは規制の対象外となっています。

 

つまり、年収の3分の1を超える融資が必要なときは、消費者金融ではなく、銀行のローンを検討することになります。

 

 

おまとめローンと総量規制の関係について

 

このように総量規制は、利用者を守るための規制ですので、ローンの利用者が一方的に有利になる「おまとめローン」は、規制の例外扱いとなっています。

 

つまり、消費者金融のおまとめローンに申込む場合なら、年収の3分の1を超える融資も受けられることになるというわけです。

 

ただし、「おまとめローン」で借りたお金の使い道がローンの返済に限定されますので、他の用途にも使いたいというときは、融資限度額に余裕がある銀行カードローンを選ぶようにしてください。

 

 

銀行カードローンでローンのおまとめ

 

銀行カードローンの中には、最高800万円〜1000万円の融資が可能なサービスがあります。

 

このようなサービスに申込み、ローンを1つにまとめてしまうことで、

 

  • 毎月の返済が1回になる
  • 他の用途にも利用できる
  • 金利の負担を下げることができる

 

というメリットがあります。

 

みずほ銀行カードローンのような、融資限度額の多いサービスを検討してみてはいかがでしょうか。

おまとめローン徹底比較表はこちら!

 

  • 主婦だけど2社以上の借入を「おまとめ」したい方
  • おまとめローンの賢い選び方を知りたい方
  • 今日中にでも「おまとめ」をしたい方

 

即日で「おまとめ」ならココをクリック!