おまとめローン

総量規制対象外カードローンで一本化!

すでにカードローンを利用したことがある方は、総量規制という言葉を聞いたことがあるかもしれません。
総量規制は、2010年6月18日に始まった、キャッシングにおける新たなルールのことをいいます。
総量規制では、年収の3分の1を超える融資を禁止していますので、ローンを一本化したり、高額な買い物のためのお金が借りられなくなります。
しかし、総量規制対象外カードローンを選ぶようにすれば、年収の3分の1を超えるお金も借りられますので、その金を使ってローンの一本化なども可能になります。

 

総量規制対象外カードローンの区別の仕方!

 

まず、ローンの一本化をするためには、総量規制対象外カードローンを見分ける必要があります。
総量規制の対象となっているかどうかは、簡単には、銀行のサービスかどうかによって区別します。
銀行カードローンなら「総量規制対象外」、それ以外の消費者金融などのカードローンは「総量規制の対象」となっています。
これは、総量規制が貸金業法という法律による規制で、この法律が銀行や信用金庫を規制していない、というのが背景にあります。
カードローンでローンの一本化をする場合は、銀行のカードローンを選ぶようにしましょう。

 

収入証明書不要のカードローンを選択!

 

希望している金額にもよりますが、金額によっては、収入証明書を提出する必要が生じます。
できるだけ収入証明書なしで申し込める方が簡単なので、みずほ銀行カードローンや三井住友銀行カードローン、楽天銀行カードローンなどを選ぶのがおすすめです。

 

ローンの一本化は早いほど有利!

 

複数社からの借入れがあると、毎月の返済回数が多くなり、返済忘れといったトラブルが多くなります。
できるだけ早めにローンの一本化を済ませておかないと、信用情報機関の「延滞情報」によって、まとめられるものもまとめられなくなります。
毎月の返済がきついと感じたときが一本化のしどきですので、早めに総量規制対象外カードローンを選ぶようにしましょう。